次年御修法大阿に尾池大覚寺門跡

投稿日:2021年02月15日

各山会では御修法新年総会に先立ち智積院本坊で午前十時五十二分から常任委員会を開催、始めに法楽、別当を勤めた芙蓉代表総務が謝辞、資料確認の後、議事①令和三年辛丑歳後七日御修法報告の件では菊入局長より記録写真を基に詳細な報告が行われた。
次に出仕の供僧を代表して藤田泉涌寺寺務長が挨拶。続いて菊入局長から謝辞があった。
議事②令和四年壬寅歳後七日御修法の件では、菊入局長が「昨年十一月四日の常任委員会で、明年の大阿に尾池大覚寺門跡か羅篁十る旨の承認を得、承諾を得ており、この後の御修ほ新年総会で正式発表する」と報告。伊勢大覚寺執行長が挨拶し正式に決定した。
議事③その他では吉田仁和寺執行長が「瀬川門跡貌下が、各山貌下やご重役の皆様のご協力により一年間真言宗長者を勤めさせて頂き、御礼申し上げる」と謝辞を述べ、十一時十四分閉会した。

詳報は2月15日号をご覧下さい。(六大新報購読申し込み)