各山会常任委員会

投稿日:2020年09月16日

各山会では去る九月一日、京都市東山区東大路通七条下ルの総本山智積院内智山派宗務庁三階大講堂に於いて常任委員会を開催した。午後三時開会、法楽に続いて芙蓉代表総務が挨拶。八月に西大寺長老に就任した松村隆誉大僧正が臨場し就任の挨拶を行い「常任委員を五年間務めさせて頂いた。その間、皆様に御厚誼を頂き有り難うございました」と感謝の言葉を述べ、拍手で送られて退出した。議事に入り議案①令和三年辛丑歳後七日御修法事務局開局の件は以下(敬称略)
(別当)芙蓉良英(智積院寺務長)(大行事)飯沢秀三(智山講伝所上座阿閔梨)(総務)砂原秀輝(教王護国寺執事長)
(局長)菊入諒如(各山会事務局長)(小行事)藤原宗峯(東寺真言宗教学部主事)(用度)三浦文良(教王護国寺執
事)(幹事)渥美義久(教王護国寺執事)(書記)木田将亮(各山会主事)、涌波和子(各山会書記)なお承仕十八名、従弟子二名、随行十七名、接待六十五名。
次に議案②密教学芸員、教化賞授賞式の件は、授賞式は十月五日、会所は総本山智積院で日程等が説明された。

詳報は9月5日号をご覧下さい。(六大新報購読申し込み)